スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックが出来なくて・・・

トラックバックできなくて困っています。ブログ村なんかには、普通にトラックバック出来るのですが、yahooブログとか、ココログ、ライブドアブログなんかへは、なぜかトラックバック出来ないでいます。

ブログによっては、トラックバックの制限を設けることがあり、私のブログからのトラックバックが拒否されてる可能性もありますので、自分のブログ宛に、トラックバックを試みたのですが、yahooブログから、fc2へのトラックバックは出来るのに、fc2のブログから、yahooブログへは出来ないでいます。

どちらのブログでも、トラックバックの制限は設けていないので、何のゆかりもないアダルトサイトなどからのトラックバックは、時々付いているのですが、私のブログ宛に、何度トラックバックしても、トラックバックできなかったという指摘もあり、自分で試してみても、まさにそういう状況なので、自分では、トラックバックの受け入れについて、何も設定していないのに、なぜ、トラックバックが受け入れられる場合と、拒否される場合があるのかと、非常に気になっています。

yahoo知恵袋のバックナンバーを読んでいると、ブログのプログラムに相性のようなものがあり、トラックバックが出来る出来ないに、関係がある場合がるという指摘があり、果たして、どういうものなのかと、気になっています。もし、仮に、プログラムに相性のようなものがあるならば、fc2だと、選ぶスキンによって異なってくるのかとか、ブログのタイトルに、何か特定の文字列の存在があると・・・とか、いろいろ空想は広がるものの、果てして、どんなものなんでしょうか。。。

また、ブログ間の相性みたいなものがあるならば、yahooのブログと、fc2のブログの相性が悪いとか、ココログや、ライブドアブログは、トラックバックを受け入れにくいプログラムになっているとか・・・、トラックバックを発信しやすいブログ、受信しやすいブログ、受信を選択・制限できるブログなど、ブログの業者ごとの特徴など、詳しい解説などがあれば・・・と思うのですが、いまだ、めぐり合えずにいます。

yahoo知恵袋でも、また、投稿するつもりですが、こちらのブログでも、もし、何かありましたら、お知恵を拝借できれば・・・と、コメントお待ちしています。

 → yahoo知恵袋での質問:「トラックバックできなくて困っています」

追記:「知恵袋」での回答を元に、FC2のフォーラムやら、FC2ブログの歩き方やらで、同じような症状について、たくさん記述があることを知りました。有難うございました。

ブログ村へは、ほとんど不具合なく、いつもトラックバックできるのに、出来ることもあれば、出来ないこともあるFC2とyahooブログの間って、やっぱり、相性が悪いのでしょうか。。。ちなみに、今日は、yahooブログと、アメブロ宛にトラックバックすると、すんなり出来たのですが。。。

どういう状況で不具合が起こりやすいのかとか、どのブログ間で不具合が起こりやすいのかなど、もっと情報があれば、是非、教えて頂ければ・・・と思っています。

スポンサーサイト

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

環境問題、この一番不毛な議論は・・・

地球温暖化問題から、ゴミの分別収集まで、すべて胡散臭いと、私には思えてならない感じです。多数派は常に間違うとは言い切れないものですが、地球温暖化についての昨年までのキャンペーンを見ていると、どうして、こうも胡散臭い言説がまかり通るのかと、常々疑問に思ってきた感じです。

ブログでも色々書いたことですが、最近は、ゴミの分別収集などのことについて、議論が蒸し返されたりして、もう一度、取り上げておくことにしました。ここでは、単純化して書いておきますと、

 1、ここ100年くらいの間は、確かに温暖化しているが、千年単位のスパンで見ると、そうだとは言えず、さらに、長いスパンで見ると、地球は氷河期に向かって、寒冷化していく可能性が高い。

 2,地球が温暖化(寒冷化)する原因には、二酸化炭素を中心とした温暖化ガスの影響があることは事実であるが、地軸の傾きや太陽の爆発などの影響があり、温暖化ガスをコントロールすることによって、温暖化を阻止しようとすることはナンセンスではないかということ。

 3,ゴミの分別収集、リサイクルについては、武田邦彦氏の「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」にあるように、手間とコストを考えると、果たして、有効なのかどうか疑問であること。

以上のようなことです。京都市で、ゴミの分別収集と有料化が始まったもののの、トラブル続出で、現状、ゴミの減量化には役立っていないとのこと。市民を巻き込み、鳴り物入りでスタートしましたが、コストに見合った成果が出ていないのならば、早速見直すべきではないかと思えてならない感じです。

実際問題として、今まで、週2回だったゴミ収集が3回になり、以前に比べて収集が午後になる地域が急増したり、収集後の巡回などが必要になったりで、かなり非効率化し、今までは、使い古しのレジ袋を使用してもよかったものが、わざわざ指定の有料袋を買わねばならなくなり、市民の負担は増加しました。しかも、その袋が破れやすいなどのトラブルが発生して、落札業者の手抜きが疑われたり、流通コストの問題などもあり、市民の目は、かなり厳しいように思われます。

有料化により、市民の負担が増え、収集の手間が増え、行政が肥大化して、かえって、環境に問題があると思えてならない感じです。レジ袋の無駄よりも、市役所の無駄、非効率的な体質の方が、何十倍も重要な問題だと言う声が日毎に大きくなっていっている感じです。

結局の所、ゴミの分別収集など、地球に優しいから行うべきだと言われていることは、例えば、10円節約するのに、100円の費用がかかるならば、そのへんを明らかにした上で、実行するか、しないかを、検討すべきなのに、危機を煽って、あらゆるコストを払ってでも、良いことなのですべきであるという風潮が作り上げられ、甘い予測を元に事業を始められても、結局、そのつけが市民にしわ寄せされる結果になっているのではないかと思えてならない感じです。

環境問題解決のためには、お金や手間を惜しまないという人もおられますが、私は、そうではなくて、いかに、手間とお金をかけずに、効果が最大化するかということを望んでいます。分別収集・リサイクルが、環境にとって、本当に役立つ手段であるのかどうか、京都市の例を見るまでもなく、現状でも、かなり疑問であり、また将来性はどうなのかということを考えれば、もっと疑問で、技術の方向性を考えると、一括収集して粉砕して資源を取り出したり、焼却してから、資源を取り出す技術が、活用されるようになると思われます。

どう考えても、分別・リサイクルは、面倒です。いわゆる「意識の高い」人ならば、喜んでやるのでしょうが、その面倒さ以上の成果がないと、私はやる気が起きませんし、社会全体で行うことには反対です。ここまで、手間をかけて、いったい、どんな成果があるのかということが問題であり、ちんたら、ちんたらと、各家庭でゴミの分別に時間を費やするのは、世の中の最大の無駄だという気がします。

古紙価格が上昇して、ちり紙交換で、古紙がお金になるようだと、私も古紙回収の意義を感じますが、どこかで消えゆく森林に思いを馳せて、手間暇をいとわないという人が、好きこのんでやる分には反対はしませんが、自分自身で、手間暇かけて、しかも、わざわざ、お金を払ってまで、やる意義はほとんど感じません。ちり紙交換で、パルプの節約ができたと思ったところで、その節約できたと思った分だけ供給が減らされる可能性は少なく、その節約出来た分は、例えば、中国などに輸出されて、他の誰かに消費されてしまっていっていく可能性が大きいように思われます。

書き出すと、とりとめなく、長くなっていきますので、この辺でやめますが、以下、噛み合っていない議論の典型のようなのをリンクしておきます。

環境問題に関する不毛なる議論 (魚拓

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

最近の記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。