スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジ、携帯、ありがた迷惑な新サービスへの移行

従来の地上波のテレビ放送が見れなくなるとのことで、地デジ、地デジと、かしましい宣伝を耳にする機会が増えつつありますが、携帯電話においても、第二世代から第三世代への移行げ決定事項のようで、高機能だという新サービスを望まないユーザーにとっては、まったくありがた迷惑な話がせまり来るようです。

私の場合、昨年までは、ツーカーフォン関西のプリケーロングという格安のサービスを利用していたのですが、ツーカーがauに吸収され、プリケーロングのサービスが打ち切られ、割高で不便なauの第三世代の携帯への移行を余儀なくされたのですが、今、ソフトバンクやNTTドコモにおいて、第二世代携帯電話のサービスの打ち切りがせまりつつあるようで、やはり、旧サービスの存続を望む声があふれているようです。

ツーカーフォン関西は、ドコモやau、ボーダフォン(ソフトバンク)の三大キャリアとの戦いのために、年間の基本料金が3300円で通話料・メール代への転用可という「プリケーロング」という破格のサービスを打ち出し、自滅していったという指摘もあるのかも知れませんが、ツーカーは、利用者が伸び悩んでいたものの、それほど大きな赤字体質であったとも思えず、少し大きい文字AUに吸収合併されたのは、格安なサービスを市場から消滅させ、残った3社が携帯サービスを独占することによって、割高な新サービスを利用者に強制しようという思惑があったのではないかと思えてならない感じです。

そのそも第二世代携帯電話への電波の割り当てに問題があったという指摘もありますが、一律な新サービスへの移行の背景には、国の電波行政があり、旧サービスを存続し、高機能を望まないユーザーの声を繁栄するような多様なサービスのあり方が本当に不可能なのかとつくづく疑問に思われます。テレビの地デジへの移行には、莫大なお金が動き、総務省の電波行政の利権がいろいろ噂されていますが、携帯電話の電波行政にも、同じ様な何かがあるように思えてなりません。テレビ界のアナログ放送打ち切りにしろ、携帯電話の第二世代の廃止にしろ、果たして本当に電波の効率的な利用のためにやむをえないのかどうか、もっと検討してもらいたいものだと思えてならない感じです。

auへの呪詛?ツーカー・プリケーユーザーの嘆き

td11_2.jpg


関連記事

テーマ : 携帯電話 - ジャンル : 携帯電話・PHS

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。