スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民も自民なら、民主も民主で。。。

今日は朝から良いお天気ですが、選挙の方は、先週中に期日前投票に行ったのですが、結局、家で雑用をしている感じです。

期日前投票(不在者投票)には、10年ほど前に何度か行っていた記憶があるのですが、その時は、たしか、投票用紙を二重に封筒に入れたりして、厳重に管理していたように思うのですが、今回は、投票用紙をむき出しにしたまま、投票箱に入れるだけになっていて、随分、簡素化されていたようで、ちょっと驚いた感じでした。

政権交代を望みつつも、民主党は、とても支持できず、毎度のことながら、私の意見とぴったりとくる投票した政党、候補者はいないのですが、比例は、脱官僚の渡辺喜美氏の「みんなの党」か、田中康夫氏の「日本新党」かと、迷っていた感じです。

私が政治に一番望むことといえば、脱官僚制であったり、特定の業界や労働組合の利権に依存しない公正明大な政治なのですが、このことは、自民党に期待が持てないのと同じだけ、民主党にも期待は持てず、小沢一郎のような金権政治の権化と、空出張やら闇専従やらと、何かと話題の多い官公労・自治労といった労組依存体質の社会党の流れをくむ民主党と、たかった方が悪いのか、たかりを正すことが出来なかった方が悪いのかと考えると、自民党以上に悪くなる可能性があり、決して支持することは出来ないと思う感じです。

外国人への地方参政権やら、高速道路無料化、農家へのバラマキ予算、最低賃金の規制強化やら、民主党の個別の政策を見ていくと、支持できないとんでもないものばかりがならんでおり、政権交代への期待だけで投票すると、とんでもないことが起こってしまいそうな気がしてきます。

政権交代への期待の中、民主党が圧勝する可能性が強いようですが、選挙中は、どの党の候補者も、腰を低くして選挙活動をしているものの、選挙が終われば、遠い存在になってしまって、有力な講演会のメンバーでない私の声など、届くことはないのですが、せめて、こういった政策が実行されないよう、論陣を張ることしかできないのかもしれませんが、なんとも歯がゆい感じでいます。

それはともかく、もう、夕方になってしまって、何もせぬ間に、一日が過ぎてしまった感じです。
関連記事

テーマ : 選挙 - ジャンル : 政治・経済

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。