スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安宅家の人々

すっかり、ご無沙汰しています。相変わらず、昼ドラを見続けている感じなのですが、今回も、東海テレビ(フジテレビ系)作製のドラマ「安宅家の人々」に夢中になっている感じです。昼ドラは、TBS系が、ばたばた忙しい子沢山の大家族とか、明るく楽しいストーリーが多いのに対して、名古屋の東海テレビ作製の昼ドラは、不倫あり、イジメあり、嫉妬ありと、ドロドロ路線のものが多く、今回は、いつになく、知的障害者への無償の愛とか、純愛路線のものと前評判があったものの、やはり、いつもの路線になってきたようで、すっかり、はまって見ている感じです。

書き出すと長くなるので省略しますが、綺麗なバラには棘があるというのか、純粋無垢な子供のような存在であったり、献身的な愛とか言っても、純粋ゆえに、許されない衝動と隣り合わせであったり、愛が憎しみに転じることもあったり、逆に、露悪家の行動の中に、真の思いやりがあったりと、そんなことを思いながら、見ている感じです。

先週も面白い一週間でした。粗筋を書いてみたいと思いつつ、長くなるので省略しますが、久仁子の昔の恋人との会話。山小屋で朝を迎えた宗一。どちらも、元の鞘に戻るような方向を暗示しているようでしたが、普通の人が望むような方向に進まないのが昼ドラの定石でもあり、久仁子の妹の帰国が、譲二夫婦にどう影響をもたらすのかなど、どうなることやら、来週が楽しみな感じです。。。
関連記事

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。