スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて、小沢氏を弁護すると・・・

私は、民主党支持者ではなく、小沢氏の政策やスタンスにも納得していないのですが、この時期、あえて、小沢氏を弁護すると、何故この時期に検察の強制捜査が行われるかという、その背景を考えると、少々のスキャンダル(小沢氏の場合は、鳩山首相とは違って、少々という程度ではないのかも知れませんが)で、政治家の辞任に追い込まれると言う事態は、非常に嘆かわしいと思えてなりません。

そもそも、スキャンダルになるようなことをした方が悪いと言われれば、まさに、そうなのですが、現在、問題となっているスキャンダルは、選挙前からある程度はわかっていたことであり、政策が動き出そうとしている今現在になって、それが大きく暴かれ、その動きが止められてしまうのは、非常に嘆かわしいことであり、何かきな臭い背景があるのではないかと勘ぐってしまう感じです。

小沢氏は、宮内庁の長官を「木っ端役人が・・・」と、官僚的なしきたりを打破して、政治主導のリーダーシップを擁護しましたが、検察に関しては、そうは問屋が降ろさないというということなんでしょうが、このことは、健全なようであるようでいて、実は非常に不健全ではないかと思っています。

自民党政権下、検察が政治を離れて、政治家を追求することは、非常に頼もしいと思っていたのですが、当時から、国策捜査という批判がありましたが、今から思うと、検察の特捜部が、独自の正義感で純粋に行動しているなら、国策捜査という批判はあてはまりませんが、仮に特捜部の純粋な正義感による捜査であるとしても、一担当部局、小沢氏の言葉で言うなら「木っ端役人」が、こういった権力を独自の判断で行使する現状は、まさに、官僚主導というか、政治のリーダーシップの不在であると言わざるをえないのではないかと、考えるようになっています。

確かに、いくら、国民に選ばれた存在であるとは言え、政治家が、捜査を恣意的に指揮・監督することは、嘆かわしいことではありますが、特捜部が、独自の判断と言いながら、政府の指揮下にあるのではなく、他の利害関係者の意図にもとづいて動き、政治を左右するなら、それは非常に恐ろしい現状であるといえます。

先日、民主党政権に望むことなどを記事にしましたが、在日外国人への地方参政権の問題や、二酸化炭素削減問題など、やはり納得できない問題も多く、あらゆる陳情は、民主党の幹事長が仕切るとかいう小沢氏の行動を見ていると、今回のスキャンダルで、小沢氏が失脚することは、望ましいという気がするものの、やはり、政策は、政策の是々非々で判断することが望ましいとつくづく思われます。

昨今の日本の政治を振り返ると、政策の是々非々が論じられることよりも、圧力団体の利害関係や、足の引きづりあいかと思われるスキャンダルによる失脚などが、政局の材料となり、内閣は短命に終わって、政治主導の改革がなかなか進まなかった現状がありますが、小泉政権とは方向性が違うとはいえ、民主党には民主党なりの改革を、政策の是々非々で進めていってもらいたいとつくづく思われます。スキャンダルの決済は、任期満了の4年後(2年後?)まで待ち、スキャンダルが政治を動かす原動力になることは、本当に嘆かわしいものであると、つくづく思う感じです。
関連記事

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

Comment

No title

> 現在、問題となっているスキャンダルは、選挙前からある程度はわかっていたことであり、政策が動き出そうとしている今現在になって、それが大きく暴かれ、その動きが止められてしまうのは、非常に嘆かわしいことであり、何かきな臭い背景があるのではないかと勘ぐってしまう感じです。

 選挙前ならよかったのか? 「ある程度はわかっていた」程度で、逮捕してしまったらよかったの?

> 仮に特捜部の純粋な正義感による捜査であるとしても、一担当部局、小沢氏の言葉で言うなら「木っ端役人」が、こういった権力を独自の判断で行使する現状は、まさに、官僚主導というか、政治のリーダーシップの不在であると言わざるをえないのではないかと、考えるようになっています。

 検察のやり方が気に入らなければ、「指揮権発動」という方法がある。かつて、佐藤栄作が自民党幹事長だったときに、造船疑獄で逮捕されようとしたときに、時の法相が発動して止めたものだ。これが唯一の例だ、その後、政治が検察の捜査を止めてはならないということで、一度も発動されなかった。
 「「木っ端役人」が、こういった権力を独自の判断で行使する現状」が気に入らないなら、指揮権を発動して「政治主導」したらいい。検察に与党の政治家には手を出させない、お前らの人事もおれたちの思うがままなんだ、と居直ったらいい。

> 確かに、いくら、国民に選ばれた存在であるとは言え、政治家が、捜査を恣意的に指揮・監督することは、嘆かわしいことではありますが、特捜部が、独自の判断と言いながら、政府の指揮下にあるのではなく、他の利害関係者の意図にもとづいて動き、政治を左右するなら、それは非常に恐ろしい現状であるといえます。

 「他の利害関係者」って誰のことよ。自民党? じゃ、自民党の大物を追及してたころの検察は、そのときの野党の意図に基づいて政治を左右してたの? 
 あなたの文章、仮定法が多すぎるよ。
 検察は、検察の考える法律的正義の観念に基づいてやってんだろ。これに対抗するのは弁護士であり、最終的に決定するのは裁判所だよ。
 検察の捜査が「政治主導」になっちゃおかしいだろ。

No title

少々のスキャンダルじゃないんじゃ…
ダム建設に使われる税金の一部が
小沢氏に流れているかもしれないのですが…
今回は虚偽記載での逮捕ですが、
検察の目的はゼネコンからの金の流れの解明ですから、
小沢氏が「知らなかった」ではすまされないでしょう。

この次期に逮捕…
ただ単に、国会会期中に逮捕すると
逮捕許諾請求(証拠付き)が必要になり、
証拠を提出しなくてはいけなくなるから
今、逮捕
なのでしょう、
小沢氏もそれを知っているくせに、
ワザとああいう言い方で検察の批判をして、
また、こうやって国民を騙すのですよね。

でもね、小沢さん、
石川氏が起訴されれば、
「共犯者」の時効もストップしますから、
小沢さんが共犯者(主でしょ)なら、
小沢さんにも手が回るかもしれませんねw

検察が独自の判断で…
といいますが、そこまで言うのなら、
検察の捜査で法律違反している部分はどこですか?
検察は法律を守って捜査しているんじゃないのですか?
検察の捜査に政府が介入していたら、
田中、金丸は捕まらなかったんじゃないかな。
(この逮捕でさえも、小沢氏は批判している、おかしいでしょw)

確かに、小沢氏以外の議員や自民党議員も捜査して欲しいけど、
今回の事件は市民団体の告発から分かったことですから、
自民党議員の「悪事」も告発することで、明るみに出すしかないでしょうね。

小沢氏を擁護するには、小沢氏が潔白じゃないと
ただの検察批判になってしまい、難しいですね。

これでは民主党信者と間違われてしまいますね。

わたしも外国人参政権は絶対に反対です、
これをやったら民主党政権は無くなるかもしれませんよね、
確実に得票数が減ります(外国人は国政に投票できないしねw)
民主党信者はこのイカレ法案にまで賛成ですから、最低ですよ。

No title

>選挙前ならよかったのか? 「ある程度はわかっていた」程度で、逮捕してしまったらよかったの?

今現在においても、本当に逮捕にあたいする罪なのか?、逮捕にあたいしない状況で、逮捕しているのではないかという点に尽きると思います。

現在、捜査の指揮をとる東京地検特捜部の特捜部長が手がけた、長銀の粉飾決算事件では全員無罪となり、福島県知事汚職事件では実質無罪に近い判決となるなど、今回も、そういう可能性が濃厚であるにもかかわらず、強制捜査・逮捕を強行しているのではないかという点にあるのではないでしょうか。

> 検察のやり方が気に入らなければ、「指揮権発動」という方法がある。かつて、佐藤栄作が自民党幹事長だったときに、造船疑獄で逮捕されようとしたときに、時の法相が発動して止めたものだ。これが唯一の例だ、その後、政治が検察の捜査を止めてはならないということで、一度も発動されなかった。
 「「木っ端役人」が、こういった権力を独自の判断で行使する現状」が気に入らないなら、指揮権を発動して「政治主導」したらいい。検察に与党の政治家には手を出させない、お前らの人事もおれたちの思うがままなんだ、と居直ったらいい。

逮捕にあたいしないにもかからず逮捕されたのであると、確信を持っているなら、正々堂々と指揮権を発動するのは、アリだと思います。自民党政権下では、表向きは指揮権を発動することはなくても、事実上、いわゆる族議員の采配の影響を受けていたという疑惑がつきまとっていましたが、水面下のものが、白日にさらされる方が、すっきりすると思われます。

> 「他の利害関係者」って誰のことよ。自民党? じゃ、自民党の大物を追及してたころの検察は、そのときの野党の意図に基づいて政治を左右してたの?> 検察は、検察の考える法律的正義の観念に基づいてやってんだろ。これに対抗するのは弁護士であり、最終的に決定するのは裁判所だよ。 検察の捜査が「政治主導」になっちゃおかしいだろ。

佐藤栄作~田中角栄氏の流れをくむ経世会と、岸信介氏の流れをくむ清和会の対立は、ある意味、見てきたような仮定の話だと言われれば、それまでのことですが、検察・警察は、清和会の意向を受けることが大きく、清和会はアメリカ保守派との関係が濃密であり、ロッキード事件以下の疑獄事件を振り返ると、検察が本当に純粋な正義感にも続いて行動しているのではなく、経世会潰しの道具として、何か陰の指揮権とでもいうものによって、動かされてきた歴史があると、まさに、そこが問題になっていると思われます。

>検察が独自の判断で… といいますが、そこまで言うのなら、 検察の捜査で法律違反している部分はどこですか? 検察は法律を守って捜査しているんじゃないのですか? 検察の捜査に政府が介入していたら、 田中、金丸は捕まらなかったんじゃないかな。 (この逮捕でさえも、小沢氏は批判している、おかしいでしょw)

微罪を大罪のようなスキャンダルに仕立てて、失脚に追い込むという、まさに、地検特捜部が、アメリカ保守派+清和会による、田中、竹下、金丸潰しに動いていたのではないかという点にあるのではないかと思います。

>小沢氏を擁護するには、小沢氏が潔白じゃないと ただの検察批判になってしまい、難しいですね。 これでは民主党信者と間違われてしまいますね。

小泉改革(清和会)が、郵政や農林、北朝鮮や同和などの経世会や経世会となれあっていた旧社会党系の利権に大きく切り込んだことは評価したいと思うのですが、今度は、例えば検察が、今まで本当に正義のために動いていたのか、逆の立場から、検証される必要があるように思われる感じです。

郵政の国有化や外国人の参政権など、いかにも、経世会、旧社会党的な政策には、やはり、違和感を覚えるのですが。。。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。