スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党が過半数を取ると・・・外国人参政権、労働組合、規制強化・・・

菅政権の事業仕分けなどの改革には期待したいと思いつつも、やはり、労働組合をバックにする民主党の本領というべきか、公務員改革に限界があるだけでなく、いかにも左翼的政策そのものともいうべき、外国人参政権や人権擁護法が成立する危険があったり、最近になってようやくデータのねつ造が暴露されつつある地球温暖化、環境問題というイデオロギーによって日本人の生活を犠牲にして、諸外国に奉仕させられたり、子ども手当の外国人への支給、派遣法改悪による労働市場の非流動化、医療や福祉の非効率化、郵政の再国営化によるお役所仕事の増産などなど、最悪の政策があまりにも多い感じです。だからといって、自民党にしたところで、これらの政策に前向きなところもあり、とうてい今さら支持は出来ず、政策だけを見ると、幸福実現党が一番まともかと思いつつも、背景を見ると、さすがに投票する気にもなれず、どこまで信じることが出来るのかと思いつつも、公務員改革の推進、小さな政府を志向する「みんなの党」あたりしか、選択肢がないように思ったりしています。

それにしても、これだけたくさんの立候補者がありながら、投票したくなる人物はおらず、選挙制度そのものの改革が必要だと思われる感じです。議員の数が多すぎると思いつつ、議員の多様性は少なく、
中途半端な参議院の地方区は廃止して、全国を対象とした比例区のみで、もっと幅広く人々が立候補できるようになれば、諸個人の考えに近い候補者に巡り会える可能性が高まると思われるのですが、そうなると小党分立状態となって政策が決まりにくくなったり、議員のレベルが低くなる危険性がありますが、今でも十分に議員のレベルは高いとは言えず、多様性を参議院の独自性として発揮して欲しい気がしてならない感じです。
関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。