スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜岡原発は止めるべきではない!~トンチン菅は、もうアカン!

やるべきことが行われず、人気取りのための思いつきのような発言が実行されていく恐怖。民主党政権が誕生してから感じてきたことですが、鳩山内閣が地球温暖化のために原子力を推進とぶちあげたかと思えば、今度は原子力は危険だからと大転回。

そもそも、地球温暖化問題、二酸化炭素の関与説など、すべてが疑似科学以前の活動家によるでっち上げであったことが明らかになりつつありますが、原子力発電所の危険性を事故が起こってから、今さらながらに重大視するなど、愚の骨頂と言わざるをえません。

福島の事故がここまで大きくなってしまえば、地球温暖化防止、二酸化炭素削減どころではなく、原子力による安価で安定した発電という、もっとも期待されるべき原子力発電所の使命そのものが揺らいできていますが、ここで辞めるぐらいなら、初めからやらない方が良かったことであり、ここまで来れば、この事故の経験を無駄にすることなく、原子力発電の削減・廃止など、考えるべきではないのです。

想定外の津波による天災なのか、そもそも安全管理がずさんであった人災なのかはともかくとして、福島の事故を受けて、鬼の首でも取ったかのように、今さらながら浜岡原子力発電所の危険性を取り上げて、発電停止に追い込むなど、愚の骨頂。新たな安全対策は必要であったとしても、世間の不安を扇動し、電力不足による混乱に拍車をかけてどうするのか。やるべき時期が完全に違うのではないか。福島の事故が起こる前にやっていれば、先見性のある英断であるといえますし、電力不足による混乱が一段落するまでは、運転を継続させ、世間の不安が一段落してから、運転を停止するのも英断といえます

脱原発の次世代エネルギーの研究が大切であることは言うまでもないことですが、ここで、原発にフタをしていまうことは、あまりにももったいないことであり、ここで原発をやめるのなら、初めからやるべきではなかったのです。風力には風力の、太陽光には太陽光の、バイオマスにはバイオマスの様々な問題があり、原発を中途半端な形で中止してしまうなら、新たなエネルギー活用も、新たな問題が起こるたびに腰砕けになり、中途半端に終わってしまう可能性があり、原発は原発で最後まで極め、それと同時に、次世代エネルギーの活用を考えて行くべきなのです。

得体の知れない数多くの諮問会議による問答が続き、決めるべきことがなかなか決まらない現状がある一方で、浜岡原発は停止すべきだとか、東京電力の株主責任だとか、東京電力に融資をしていた銀行の貸し手責任だとか、JALを会社更生法に追い込んだのと同じ、大衆迎合的な思いつき発言の数々。市場は混乱し、混乱に乗して儲けた人はいても、トータルとしての損失は計り知れないものがあります。労働組合を背景にやりたい放題だったJALや東京電力の職員の責任。地球温暖化といった虚妄をもとにして原子力推進を唱えた民主党の責任・・・。こういったものこそ、問題にされるべきものなのです。
関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【浜岡原発は止めるべきではない!~トンチン菅は、もうアカン!】

やるべきことが行われず、人気取りのための思いつきのような発言が実行されていく恐怖。民主党政権が誕生してから感じてきたことですが、鳩山内閣が地球温暖化のために原子力を推進とぶちあげたかと思えば、今度は原子力は危険だからと大転回。そもそも、地球温暖化問題、...
最近の記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。