FC2ブログ

新型コロナ、過剰な自粛・都市封鎖が不要な理由(1)~ウィルスの特性から

新型コロナウィルスも、武漢型と欧州型に分類されるようになりましたが、どんどん進化(変化)していくので、おそらく、ワクチンは開発されても、新しい型のものには有効でない場合がある可能性が高いです。当初は有効であっても、ウィルスの進化が有効でない方向に進むと有効でなくなってしまいます。これは、通常のインフルエンザのワクチンと同じだと思われます。

そもそも、今回の新コロは、流感の一言で片付けていれば、こんな大事になることはなかったのです。欧米では凄い数の死者が出ましたが、確かに、日本においてもそうなる可能性はあったし、今後、そうなる可能性もゼロではないですが、武漢型のコロナも欧州型のコロナも、このままでは、おそらく日本人が大量に重症化することはなく、ただ、ウィルスが変化する方向によっては、日本人が重症化するリスクが残されているという解釈が正しく、自粛しようがしまいが、まったく関係がない可能性が極めて高いです。

サーズも、マーズも、新コロも、日本では、たいして、流行しませんでしたが、それがBCGの摂取によるゆえなのか、それとも、白血球の型の傾向によるゆえなのか、それとも、手洗いなどの衛生観念によるものなのか、それとも、他の要因なのかは、わかりませんので、今後、将来的には、日本だけで流行する、それこそ本物の新型ウィルスが出現する可能性もあるので、現状では、「運がよかった」と考えておく程度が無難かもしれないです。

疫学的な対策、現状のような感染クラスターを追跡し、隔離していくという方式が無効なのかというと、やはり、ある程度は有効ですが、今回のような都市封鎖に近い形での強権的な手法はあまりにも、手荒い手法であると言えます。イタリアやスペインのような状況になれば、やむを得ないとも言えますし、ある程度なら納得出来ますが、予防のために、そうならない前から自粛していても、もし、日本人が遺伝的に感染に弱い可能性があるウィルスであった場合は、感染爆発のスピードが遅くなるだけで、最終的には大爆発が起こった可能性が高いです。

もし、武漢で、初期に都市封鎖をしていたら…、とか、もし、イタリアやスペインで、もっと早くから都市封鎖をしていたら…と、仮定する場合で考えても、都市封鎖が早ければ早いだけ、感染拡大の速度は遅くなりますが、重症化しうる新型の感染症だと判った時点で、もうすでに人は移動しており、その時点で都市封鎖、クラスター追跡しても、じわじわと感染が拡大していった可能が大きいです。それこそ、人間のみならず、あらゆる生物にICチップを埋め込んで、すべての行動の監視が可能なら話は別ですが、人間すべての行動を管理し、追跡することによって、ウィルスを封じ込めることは不可能です。WHO官僚体質、疫学者の人権意識の低さを考えれば、最終的には、人間すべてにICチップを埋め込んで、行動を管理し、感染症の予防を行うべきだというような提言が行われる可能性があり、極めて危険な志向です。

諸外国に比べて、検査数が足りないと話題になっていますが、私は必要最低限の対応で十分だと考えます。検査はすればするだけ手間と費用がかかりますし、検査をしたからと言って、擬陽性・擬陰性の可能性があり、確実ではありません。結局の所、検査をしようがしまいが、自分が感染の可能性があると思えば、行動を自粛し、養生すればよいのです。病院に行ったところで、それなりの対処療法しかなく、重症化すれば、最終的には、人工呼吸器やエクモ(体外式膜型人工肺)で延命処置があったとしても、それは過剰な延命治療が多いとも考えれます。

通常の流感、インフルエンザにしても、まったく健康な保菌者に対しても検査の対象を増やして、陽性の人を隔離するという方向でいくと、一見、感染が最小限に抑えられるかのような気はしますが、大変な手間とコスト、大変不自由な社会となってしまいます。当然、人から人へ感染するものは、インフルエンザだけでなく、あらゆるウィルス・細菌に対する検査が必要となり、最終的には、水虫(白癬菌)の検査まで対象になってしまう可能性があります。理論上は、水虫の人間を隔離出来れば、水虫になる可能性は低いですが、人間は、有害か無害か判然としないような細菌・ウィルスと共生し、免疫を獲得し、様々な恩恵を受けていることを考えると、無菌化・無ウィルス化の試みはまったく無駄な努力だと言えます。様々なインフルエンザのウィルスも、人間に死をもたらすこともあれば、免疫その他、人間にとって有用である可能性もあり、無インフルエンザの社会を目指すことは、別の恐ろしいウィルスの出現に対する抵抗力を人間から奪ってしまう危険性を持っているとも言えます。それに、検査、検査で、安全ばかりを求めていると、生活における医療のウエイトが肥大化し、人間はなんのために生きていくのか判らない状況となってしまいます。
関連記事

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
QRコード
QR