FC2ブログ

新型コロナ、過剰な自粛・都市封鎖が不要な理由(3)~感染症専門家と臨床現場の乖離

現在の医療において、エビデンス(根拠)が重視される傾向になりますが、インフルエンザが重篤化した場合、解熱剤を処方すべきなのか、否か判断が分かれる場合があります。従来の西洋医学の判断であれば、解熱剤は普通に処方されていましたが、少し東洋医学、漢方を囓った人の場合は、体はウィルスを攻撃するために発熱しているので、熱を下げると、自然の抗ウィルス力がマイナスになるので、解熱剤の処方は間違っていると考える場合もあったように思います。そして、最近になると、ウィルスによっては、ほ乳類の免疫機能を逆手にとって、免疫機能が最大化する以上の体温に調整するかの作用があると言われ出したりもしています。となると、解熱剤を処方しないというのは、間違いであると言うことになりますが、解熱剤を処方しようがしまいが、インフルエンザは治り、医師の手柄とされる場合もあれば、自然に治ったと考えられる場合もあったりしています。本来の漢方、中医学であるなら、葛根湯や麻黄湯など、体を温める系の処方だけでなく、それぞれの証や症状の段階に応じた細かな処方がありますので、体を温める、冷やすを経験的に体系化されていたのかもしれません。

現在、感染症対策の専門家は、数量化モデルを用いて、科学的な根拠を示して、自粛の必要性を主張しているようですが、この数量化モデルというのも、解熱剤を処方すべきか、否かのようなレベルとたいして換わらないとも考えられます。数量化のモデルは、すべての変数を把握出来れば、数学的に正しい結論が導き出せますが、現実の場面では、すべての変数を把握することは出来ないので、必ず誤差が生じますし、大きな変数を見落としていれば、誤差どころでは済まないとんでもない結論が導き出されてしまいます。新型コロナがBCGが有効であったのならとか、白血球の型によって、重症化する場合があるとかないとか、そういう変数を、どうとらえるかによって、数量化モデルの結果はまったく違ったものになり、研究室での専門分野の学術研究としては優れたものであっても、現実の社会にはまったく通用しないものである場合があるように思います。

医療に限らず、どのような分野であっても、専門家に安全性対策を尋ねると、「キチガイに刃物」の喩えではないですが、過剰でマニアックな回答が帰ってくるように思われます。今回のコロナ自粛とか、新しい生活様式など、なんで、そこまでの規制をされなければという気がします。臨床家でない私が言うのもなんですが、感染症に限らず、専門家というのは、細分化された特定分野を極めた人間であり、その際分化された特定の分野においては専門家ではあっても、総合的な知見に立てるかというと、必ずしもそうではなく、臨床医の方が、物事を総合的に見て、判断する能力が高い場合も多いように思います。

最近、感染症の専門家会議の発言を、地震学者の発言と同じだという喩えをよく聞くように思います。例えば、南海大地震が30年以内に起こる可能性が○%あるとか、そして、それには、どういう対策が必要だとか、リスクゼロを目指せば、莫大なコストがかかり、今のままでは済むことが不可能になってしまいます。福島の原発のように、あと少しの対策をしていれば、あそこまでの事故に繋がらなかったという場合もありますが、多くの場合は、専門家に尋ねれば、過剰な安全対策の答えが返ってきます。交通事故をなくすには、車の走行を禁止してしまえば、すべてが解決しますが、そこまでの安全性を求めることはなく、交通ルールを定め、信号機を作ったり、歩道を作ったりする程度で妥協しています。対策が足りなければ大事故に繋がり、対策が過剰であれば、社会生活を困難にしてしまいます。活断層の下に原子力発電所があることは危険ですが、原子力発電所のみならず、そこに家を建てて住むことも危険であり、津波の危険がある海辺や水没の可能性のある低地帯に広がる都市の問題などなど、どこまでの安全対策が必要なのか、過剰に安全対策をするならば、莫大な費用がかかり、多くの日本人は破産してしまいますし、その案配には、まさに政治判断が必要だと思われます。現在の日本に限らず、WHOなどの国際機関は、安全過剰・統制過剰の傾向があり、アメリカの共和党系支持者やイギリス保守党支持者など、アングロサクソン系の人々は、個人の裁量権を多く見る傾向があります。安全過剰・統制過剰だと、ゆりかごから墓場まで、社会や国家から、面倒を見てもらえる安心はあるものの、あれこれ指示や指図され、鬱陶しい場合も多く、活力がなくなってしまう傾向があるように思います。

安全志向・統制過剰が強まれば、人間にはICチップの埋め込みが義務化され、すべての行動が追跡されたり、喫煙や飲酒なども、管理されることになりかねません。現在、WHOや医師会などで進められている禁煙強化の動きも、同じ志向性を持っており、行き過ぎには注意が必要です。
関連記事

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
QRコード
QR